トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

UHD

UHD構成

 概要

  • QLogic12800シリーズのコンフィギュレーションの一つ
  • 24ポートリーフを使用
    • ケーブルポート24, ISLポート12
  • ISLはQDRの速度があり、ケーブルポートがDDRの際にFBBを保証する
  • UHP構成に比べて必要なスパインが少ない
    • 12800-180: ダブルスパイン3枚
    • 12800-360: ダブルスパイン6枚
  • 1台のシャーシに搭載できるポート数が多い
    • 12800-180: 432ポート
    • 12800-360: 864ポート

 性能

  • 保証するのはDDRでのFBB性能であり、QDRで接続した多数のノードで高負荷の通信を行わせたとき、輻輳が発生し性能が低下します。
  • DDR-QDR(あるいはSDR-QDR)の速度変換時にストアフォワード転送が行われ、その結果レイテンシが加わります。

 注意

  • 必要とされるスパイン以上のスパインモジュールを挿入しても内部的に接続されない
  • 挿入すべきスパインの位置も固定であり、他のスロットに挿入しても内部的に接続されない