トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

HPCwire

HPCwire 記事ピックアップ

 QLogic、自社製 InfiniBand 戦略を完成

QLogic Completes Home-Grown InfiniBand Strategy(November 25, 2008)

原文記事

http://www.hpcwire.com/blogs/QLogic_Completes_Home-Grown_InfiniBand_Strategy_35100219.html

日本語訳

10ギガビットスイッチやアダプタの発売が相次いでいるが、特にHPC分野によって牽引されたInfiniBand市場は今後数年に渡り二桁の成 長が運命付けられているようだ。6月の時点では24.2パーセントだったInfiniBand接続は、今月のTOP500のリストでは、28.4パーセン ト(142システム)になった。

Mellanox は自らをInfiniBand技術のマーケットリーダと位置づけており、昨年、上場に至った。FY06からFY07には76パーセントのレベニュー増加を 記録し、FY07は$84.1M の売り上げを報告している。2008年 は3クオータで既に$82.5M の売り上げを記録している。

このビジネスチャンスを逃すまいと QLogic は、SilverstomとPathScaleの買収に始まり、最近の自社製品の発売へと InfiniBandラインアップの構築に余念がない。6月 には、QLogicは自社製のTrueScale ASICシリコンによる新しいDDR(20Gbps)とQDR(40Gbps)のホストチャネルアダプタを発表した。さらに今月には、QDRスイッチ用の 新しいTrueScale ASICで戦略を完成させた。この ASICはQLogic 12000シリーズ QDRディレクタークラスおよびエッジスイッチ用に使われ、2009年初めのコマーシャルリリースが予定されている。この新しいスイッチは Voltarireが最近アナウンスした、Mellanoxシリコンを使用したQDRグリッドディレクター 4000スイッチと競合するだろう。

こうして QLogic はQDR アダプタとスイッチを自社のシリコンで提供する唯一のInfiniBandベンダーになる。 (Mellanoxはアダプタとスイッチ両方の ASICを持っているが スイッチ装置そのものは提供していない。)おそらくQLogicは今後の数年間の業界のQDR移行に沿って継続してMellanoxチップを使ったDDR のSilverstormスイッチ装置の供給するだろう。QLogicプロダクトマネージャの Kevin Judd によれ ば、QLogicは新しい ASICを他のスイッチベンダーに提供する予定はないとのこと。「我々はこのASICが真に競争力をもった強みだと考えている。」と言っていた。「この ASICは各スイッチ装置メーカがどの様な装置を作るかという勢力図を書き換え、我々は自らの運命をコントロールすることになる。」

12000シリーズスイッチはモジュラーアーキテクチャに基づいており、18から864ポートまでスケールさせることができる。1Uあたり 29.8ポートの筐体で、QLogicは最も実装密度の高いラックマウントスイッチを市場に提供する事になる。そしてポート当たり7.8ワットという、 ディレクタークラススイッチでは最も少ない電力消費を謳っている。この新しい製品にはまだいくつかの特徴がある。輻輳を減らすアダプティブルーティング と、システム内にサブクラスタのパーティションをサポートする仮想ファブリックもその一つ。仮想ファブリックには、特定のサービスや特定のノードへの帯域 の割り当てといった、QoSの制御もユーザが適用することができる。


おそらくどの機能セットよりも重要なのは、QLogicはQDR以降のスイッチチップにおいてもはや Mellanox に依存しなくて済むという点だろう。HPC のメインス トリーム要素となりその他のアプリケーションにも適用を広げ始めた InfiniBand において、特にOEMはこの技術に関して複数のソースを持つことに関心があり、QLogicがこの市場にASICと装置の両足で真剣に取り組み始めたとい う事実はエンタープライズでの広範な InfiniBand導入を 加速するだろう。

Judd によれば、QLogic は充実したエンタープライズ向けのサービスとサポートを持ち、より大きな顧客層にこの技術を売り込むのにMellanox よりもよいポシションにある。QLogicは Mellanoxの約3倍の規模がありストレージ接続市場において確固たる地盤を持っている。そして、まだQDRスイッチの価格をリリースしてはいない が、QLogicは自社のInfiniBandのASICを使用し、価格と製品の差別化に関してより効率的に競争できるだろう。さらに、「我々は間違いな くこれが市場に競合的なプレッシャをもたらすだろうと考えている。」と語った。