トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

仮想メモリアクセス

仮想メモリアクセス

コンシューマが発行するワークリクエストは、使用するメモリを仮想アドレスで指定します。
チャンネルアダプタは必要に応じ仮想アドレスから物理アドレスに変換します。
仮想メモリ領域をチャンネルアダプタに設定すると、L_KeyとR_Keyがコンシューマに返されます。

  • L_Key - ローカルメモリにアクセスさせるワークリクエストを発行するときに用いる。
  • R_Key - リモートにRDMAアクセスを行うときに用いる。