トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

ホストスタック

InfiniBandホストスタック

InfiniBandの場合、HCAレベルでトランスポートのコントロール(パケットのエラー検出・再送信・順番の整理)を行ってしまいます。
ホストスタックは、HCAから得られるリライアブルな通信路をアプリケーション・MPIなどのミドルウェアに対して提供するHCAドライバ+APIです。

 ホストスタックの種類

OFED

The OpenFabrics Alliance により開発・提供されているオープンソースのホストスタックです。業界のデ・ファクト・スタンダードと言えます。

QLogic OFED+

SilverStormのInfiniServホストスタックは、一部をOFEDから流用していましたが、大部分が独自のソフトウェアでした。
性能面と管理面で優れていますが、OFEDとの互換性が課題でした。
OFED+は、完全にOFEDをベースとし、SilverStormから継承したQLogic独自の拡張機能を追加したホストスタックです。
OFEDとの互換性に問題はありません。
Oracleクラスタ高速化に用いるRDSや仮想イーサ・仮想ファイバーチャネルなどのQLogic拡張機能を利用できます。

その他

IBMなどが独自のホストスタックを提供しています。

 提供サービス

以下のようなサービスをアプリケーションおよびミドルウェアに対し提供します。

  • IPoIB - IP over InfiniBand
  • SDP - Socket Direct Protocol
  • SRP - SCSI RDMA Protocol
  • RDS - Reliable Datagram Sockets
  • uDAPL - user Direct Access Programming Library
  • VAPI - Verbs API
  • VDP - Verbs Provider Driver