トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

コネクション指向

コネクション指向サービス

QP
コネクション指向サービスでは、各QPはある一つのリモートコンシューマのQP(LID(+GID)番号とQP番号で指定)に結びつけられる。
コネクションセットアップ
コンシューマは相手ノードとの間でコネクションセットアップを行ってQP同士を結びQPコンテキストを確立してからQPに対する命令を発しなければならない。
ワークリクエスト
QPは通信相手の特定の一QPと結びつけられ、QPに投入されたワークリクエストはメッセージとなり相手QPに送られる。